専門業者に依頼

剪定をしないと庭木が成長しすぎて遮光性が悪くなってしまいます。そうなるとその下にある作物が十分に成長しない可能性があるため注意が必要です。脚立などで高所作業になる場合もあるため、剪定初心者の人は注意が必要です。高所が怖いという人やのこぎりの使用が不安だという人は業者に依頼することで少ないコストで作業してくれます。季節によっても剪定方法は変わってきて、夏場は成長しすぎた枝葉を剪定して形状を整えます。風通しも良くなるため害虫などの被害もなく、風などで倒れたという被害も少なくなります。冬場は春に備えて枯れ枝の切除等を行い整えます。剪定する枝の種類も複数ありますので美しい形状にするにはどの枝を切ればいいか知っておくと便利です。

木の形状にも様々な種類があり、円錐型仕立てや玉仕立てなどがあります。木の性質や形状に応じて自然にカットすることで洗練されたものをつくることができます。日本では自然に近い状態のカットが一般的ですが、西洋の剪定では幾何学模様や動物の形をしたものなど幅広く剪定を楽しんでおります。冬場ではイルミネーションを巻き付ける際にも便利になってくるため、表現したい形に木をカットすることで見る人を驚かせるようなものを作ることができます。庭木を綺麗に保つには肥料を与えることも重要です。肥料の成分や与えるタイミングを調べて行うことで良質な木に成長することができます。そうすると害虫が来やすい環境にもなるため薬剤散布などの配慮も重要です。